2011/04/09

それでも季節は巡る

桜の木の下で(砧公園)

春、到来。

人の世がどんなことになろうと
そんなことにはおかまいなく
季節は巡り、
自然は季節に沿って着実に変わっていくものなのだな。
人間を中心に何もかもが動いているわけではない、ということをひしひしと感じる。

なおざり にしてきたことを、
今回の天災(そしてそれに続く「人災」)を機に、
みんなで考え、改めないと。
後世に対し、罪悪感を背負うことのない国を作っていかないと。

3年前のこの季節に生まれたふたり。


何か自分にできることって?
得体の知れない何かに、常に駆り立てられているような気がしている。
でも、まずは普段通りの生活を、粛々と営むこと、それが今、一番大切。

被災された皆さんに、心休まる日々が、一刻も早く訪れることを祈りつつ。

4 件のコメント:

ponchack さんのコメント...

なんか感動した。
この桜、この風景。
ありがとう。

o_chiro さんのコメント...

>ponchackさん
アップ直後でびっくりした!
砧公園で桜や菜の花がたくさん咲いているのを見てたら
自然に励まされてる気がしたよ。
本当はいろいろ書こうかと思ったけど、
そんなのよりこの桜の姿の方がずっと意味があるよね。

GW明け?に会えるのを楽しみに待ってる!

まるこめ さんのコメント...

ほんと、どちらもほっとする写真。
こういう風景がいつまでも、当たり前にあるように何か出来ることから、そして被害の少なかったわたしたちは冷静に、普段通りを心掛けないといけないよね。

o_chiroさんたちも無事であること、安心しました。

o_chiro さんのコメント...

>まるこめさん
おひさしぶりです!
よーたくん&おなかのひと、元気にしてる?

今年はいつになく、桜に元気づけられるよね。
そちらも無事で何より。

そういえば例のウェブショップの件はどうなったのかも
気になってるよ(笑)

合同お誕生会、しようね。
楽しみ楽しみ。。。